万年筆の基礎知識

万年筆の基礎知識

万年筆の基礎知識

万年筆の構造

万年筆は微妙かつ繊細な書き味の筆記具です。その最大の特徴は、小さな金属を2つに割ったペン先から生まれるデリケートな書き味。 ペン先に加わる力の強弱によって、ペン先に弾力が生まれ、微妙な書き味が実現します。 ペン先も、細いものから太いものまで様々。使う人の個性が発揮できる筆記具です。

【 ペン先 】
「万年筆の頭脳」とも呼ばれるほど、最も重要な部分であり、金(Au)を採用したものが代表的です。 これはインクの酸におかされず、適度な弾力性と書き味があるからです。現在ではステンレス製のものもあります。
【 ペン芯 】
ペン芯は「万年筆の心臓」とも呼ばれ、 ペン先にインクをスムーズに送るため特徴ある構造をしています。 ペン先にインクが流れた分だけ胴内に空気を入れ、ペン先に毛細管現象を利用してインクが流れるように工夫されたものです。
【 ペンポイント 】
文字を書く場合は一定の筆圧を持って紙の上を走り続けるため、14金・18金・21金のように柔らかい金属では先端が摩耗してしまいます。 これを防ぐためにペン先の先端に耐摩耗合金がついています。使用材料はイリジューム(Ir)、オスミューム(Os)の元素などから成っています。
【 胴 】
インクの貯蔵部であると同時に、にぎりやすい形状・太さになっています。材質はプラスチック、真鍮、ステンレス、銀、天然木などが使われ、 ラッカー塗装、うるし塗り、蒔絵などで表面を装飾したものなど、様々な種類があります。
【 キャップ 】
ペン先の保護とインクの乾燥を防ぎます。
【 大先 】
ペン先を固定し、インクの流出を調整するペン芯が内蔵されています。


【 インクの吸入構造 】

カートリッジ式
カートリッジ式は簡単にインク交換ができます。新しいカートリッジを差し込み、中央を軽くつまむとすぐにインクが出てきます。 カートリッジの形状はメーカーやモデルによって異なります。
コンバーター式(カートリッジ両用式)
コンバーターを使えば、ボトルインクから吸入して使う事ができます。 現在、一般的なのが、このコンバーターとカートリッジの両方が使用できる両用式です(一部コンバーターを使用できないモデルもあります)。 ボトルインクもカートリッジも使え、用途によって使い分けが可能です。 コンバーターもカートリッジと同様、形状はメーカーやモデルによって異なります。

吸入式
ボトルインクの中にペン先を入れ、尾栓を回転させることにより、胴内のピストンが前後し、インクを吸入する方法です。 ペンの中に多くインクを入れることができます。また残ったインクを、もとのボトルに戻すことができるので、 簡単にインクの色を変えて楽しむことができます。 セーラー万年筆では、2006年に販売した95周年謹製万年筆[レアロ]に初採用し、2009年の「プロフィットレアロ」に普及モデルとして採用しました。



ペン先の種類と特徴

ペン先の大きさや形は千差万別。それぞれ違った書き味を生み出します。例えば、わん曲が極端なペンは硬い感じ、 ゆるいものは柔らかい感じの書き味です。
また、ペン先のしなりを出す秘訣となっているのは、ペン先端の厚み。平坦ではないので、 書く時の力がペン先に伝わって微妙な書き具合になります。

区分 色調 種類
(表示)
特長
金ペン 黄金色 14金 弾力にバラエティーが持たせられる。金(Au)を使用
18金
21金
特殊合金 白色 特殊ステンレス ハード調の弾力
メッキペン 黄金色 (白色ペンにメッキ) ハード調・ソフト調の弾力

自分にとってピッタリの書き味を見分けるには

「書きよい」「書きにくい」という書き味を生み出す最大のポイントはペン先にあります。 その他にも、ペン先の字幅、弾力、インクの量、軸の長さ・太さ、重さのバランスなどが関係してきます。
自分の手になじむ万年筆を選ぶためには、万年筆を持つ位置、角度など、ペンを持つ時の癖を注意深く見ることも大切です。


セーラー万年筆「スタンダードペン先」の7種類の字幅と特長

極細[EF]


細い線がクリアに書け、簿記などの記帳に適しています。
システム手帳などの小さいものへの書き込み用として人気です。

細字[F]


一般的な細字用。ノートや手紙などを書くときに最適です。
1枚の紙にたくさんの美しいきめこまやかな文字をどうぞ。

中細[MF]


手紙や日記などに適しています。
年齢を問わずお使い戴け、細目の字ならではのやさしさが幅広く好評です。

中字[M]


一般的な中字用。凡用性が高く、幅広く使われる定番品と言えるものです。
はじめての万年筆なら、このあたりがおすすめです。

太字[B]


一般的な太字用。チェックやサイン用にエグゼクティブなら1本は常に座右したい万年筆のペン先です。

ズーム[Z]


筆記角度により細字から太字までが自在に書けます。お仕事によって便利性発揮のクリエイティビティなペン先です。

ミュージック[MS]


本来は楽譜用。デザイン文字などにも適していると人気が高まり、多彩に用途が広がっています。

以上がスタンダードタイプのペン先です。
セーラー万年筆では上記ペン先以外に、オリジナルペン先を取り扱っております。



インクの補給とお手入れ方法

万年筆のメンテナンス(お手入れ)

万年筆が書けないときは、まず確認してください。 インクが入っていますか?長い時間使わずにいませんでしたか? あたりまえのことですが、書けないのはインクが入っていない、あるいはインクが出ないからです。 いったんインクを入れたペンが書けないときは、水分が蒸発してペン芯・ペン先などにインクの成分が詰まっていることがほとんどです。 掃除をしましょう。

カートリッジ式・コンバーター式の場合

カートリッジ又は、コンバーターを抜いて、ペン先とペン先の付いた部分(大先)を、 そのまま水かぬるま湯の入ったコップの中に1晩浸けたままにしておきます。 そのあとコンバーターを取り付けて、水を吸い込ませたり吐き出させたりして大先の中をきれいに洗います。 最後にきれいな軟らかい布で水分をふき取ってください。

吸入式の場合

コップと軟らかい布(インクがたくさん付くので、汚れてもよい古い布)、そしてきれいな水かぬるま湯を用意します。 水の中にペン先全体を入れて、何回か水を吸い込ませたり、吐き出させたりして万年筆の内部をきれいになるまで繰り返し洗ってください。 最後に軟らかい布で水分をふき取ってください。

※透明軸やスケルトンカラー軸の場合、大先の中に色(インク)が付く事がありますので、 浸け洗いはお避けいただき、ペン先部分のみを水で洗い流してください。

インクの補給方法

カートリッジ式の場合

正しく差し込む事が大切です。まずカートリッジの差し込む向きを間違えないようにしてください。
次にカートリッジの先端に穴が開くようにまっ直ぐしっかり押し込んで抜けないようにしてから、 ペン先を軟らかい布でくるんで、軽く振るか、カートリッジの中央部を軽く押すなどしてインクをペン先になじませると、スムーズに書き出すことが出来ます。

吸入式(コンバーター式含む)の場合

ボトルの中のインクにペン先が完全に隠れるまで入れるのがコツです。満タンに入れてから吸入器を逆に回して2、3滴落とすようにすると筆記がスムーズになります。 ペン先の回りについた余分なインクは軟らかい布でふき取ってから使用してください。

インクの補給方法

色を替えるなどインクの入れ替えをしたいとき
カートリッジ式の場合
カートリッジを取り外し、ペン先・ペン芯を洗浄してインクを取り除いてから、新しいカートリッジを装着してください。 洗浄方法は上記の「万年筆のメンテナンス」をご参照ください。
吸入式又はコンバーター式の場合
胴とペン先・ペン芯のインクを吐き出させて、さらに良く洗浄してから新しいインクを吸入してください。 こちらも上記の「万年筆のメンテナンス」をご参照ください。 いずれの場合も残っているインクと新しいインクが混ざらないようにする事が大切です。 こうして万年筆は正しくインクを入れ替えてしばらく使い込むと、使う人の手に馴染み、その人の個性が表れる筆記具となります。

保管方法

しばらく使う予定の無いときは必ずインクを抜いて、上記の要領で洗浄して水分を完全にふき取ってから大切に保管してください。 こうしておくことにより胴やペン先・ペン芯などがきれいに保たれれば、次に使用するとき、万年筆はあなたの期待にまた応えてくれるはずです。



万年筆売れ筋ランキングをもっと見る!

3,240円(税込)以上のお買い上げのお客様は送料無料
今なら会員登録で次回お買物に使える300ptプレゼント
記念日に・お祝いに ギフト対応いたします
法人のお客様へ 販促用の商品などもご相談ください

1本の万年筆が3㎡の森を守るエコプロジェクト「フォレステーショナリー」

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝祭日

●お問合せ時間:
月~金 9:00~12:00/13:00~18:00
※定休日:土日祝祭日








ジャンル一覧ページ >>

ページトップへ