製品の詳細

筋状成形を施した蓋

会津若松で三代つづく漆工房、「漆工よしだ」。
会津塗の技法に拘らず、器の用途により合うカタチ・技法を考えながら制作している漆工、吉田徹が万年筆に合うカタチ・技法を考えて生まれた「伝統漆芸 畷(なわて)万年筆」。蓋に伸びる筋は縦長の視覚効果と、持った時の指の掛かりによる蓋の開け閉めの安定感を考慮した形状で、まさに機能美といえます。


会津塗の特長と歴史

会津塗は、福島県の西部に位置する会津地方に江戸時代から伝わる伝統技法で作られた工芸品です。
盆地特有の湿潤な気候が漆を扱う環境として適していました。
縁起の良い意匠や多彩な加飾の美しさがあります。
会津塗の産業としての歴史は、1590年(天正18年)、蒲生氏郷が会津に入封したときに始まります。
江戸に近いこともあり、漆の木の栽培から加飾まで、作業を一貫して手がける一大産地となり技術革新にも取り組み、幕末には外国に輸出されるほどになります。

 

【筋状形成+箔散工程】
①木固め
その後の工程で漆が乗りやすくするため、漆を木に吸わせます。
②下地(砥の粉と地の粉と漆)
どちらも下地の厚みを出すために塗ります。砥の粉は主に肌が滑らかな厚みで、地の粉は固さを増すためのものです。
③研ぎ
④筋作り(下地で盛り上げ)
⑤筋研ぎ
⑥塗り
⑦和紙着せ(全体に和紙を漆で貼る)
下地を盛ると衝撃に弱くなりますが、和紙の絡んだ繊維で肌をつくることで強固にする効果があります。
⑧地固め(和紙に漆を吸わせ固める)
⑨黒銀箔
地の黒(グレイ)の部分は燻した銀箔です。
燻しにはムラがあり、そのムラを表裏ランダムに載せることで、地にも表情を出しています。その上から箔を散らします。
⑩箔散らし
⑪摺漆仕上げ×2
⑫完成

 

漆工 吉田 徹よしだ とおる
1968年 会津若松生まれ
1987年 家業の漆工房に入る
1993年 長野・木曽の佐藤阡朗氏に師事
1996年 会津若松にて独立
2002年 伝統工芸士認定
2004年 初個展 以降個展グループ展を重ねる

製品仕様

ペン先: 21金・大型
方式: コンバーター・カートリッジ両用式
蓋: 黒檀、筋状成形、漆塗り、箔散
胴: 黒檀、漆塗り、箔散
大先: PMMA樹脂
金属部品: ゴールドIP仕上げ
本体サイズ: φ18.7×151.6mm
本体重量: 31.0g
パッケージ: オリジナル木箱(桐箱)(207×70×91mm)
《クリーニングクロス 1枚、カートリッジインク(ブラック) 2本、万年筆使用説明書 1部、製品説明書 1部、万年筆品質保証書 1部》
  • NEW
  • お取り寄せ

伝統漆芸 畷(なわて)万年筆 箔散

¥209,000(税込)
「伝統漆芸 畷(なわて)」は蓋に特長的な筋状成形を施し、機能美あふれる仕上がりとなっております。
地に施されたムラのある燻し銀箔は洋の雰囲気を醸し、そこに箔を散らし漆で仕上げています。

【お取り寄せ商品について】
ご入金確認後、発送までに1週間ほどお時間いただいております。

※のしがご入用の際は注文時にご相談ください

数量
フォレステーショナリー

商品の詳細

筋状成形を施した蓋

会津若松で三代つづく漆工房、「漆工よしだ」。
会津塗の技法に拘らず、器の用途により合うカタチ・技法を考えながら制作している漆工、吉田徹が万年筆に合うカタチ・技法を考えて生まれた「伝統漆芸 畷(なわて)万年筆」。蓋に伸びる筋は縦長の視覚効果と、持った時の指の掛かりによる蓋の開け閉めの安定感を考慮した形状で、まさに機能美といえます。


会津塗の特長と歴史

会津塗は、福島県の西部に位置する会津地方に江戸時代から伝わる伝統技法で作られた工芸品です。
盆地特有の湿潤な気候が漆を扱う環境として適していました。
縁起の良い意匠や多彩な加飾の美しさがあります。
会津塗の産業としての歴史は、1590年(天正18年)、蒲生氏郷が会津に入封したときに始まります。
江戸に近いこともあり、漆の木の栽培から加飾まで、作業を一貫して手がける一大産地となり技術革新にも取り組み、幕末には外国に輸出されるほどになります。

 

【筋状形成+箔散工程】
①木固め
その後の工程で漆が乗りやすくするため、漆を木に吸わせます。
②下地(砥の粉と地の粉と漆)
どちらも下地の厚みを出すために塗ります。砥の粉は主に肌が滑らかな厚みで、地の粉は固さを増すためのものです。
③研ぎ
④筋作り(下地で盛り上げ)
⑤筋研ぎ
⑥塗り
⑦和紙着せ(全体に和紙を漆で貼る)
下地を盛ると衝撃に弱くなりますが、和紙の絡んだ繊維で肌をつくることで強固にする効果があります。
⑧地固め(和紙に漆を吸わせ固める)
⑨黒銀箔
地の黒(グレイ)の部分は燻した銀箔です。
燻しにはムラがあり、そのムラを表裏ランダムに載せることで、地にも表情を出しています。その上から箔を散らします。
⑩箔散らし
⑪摺漆仕上げ×2
⑫完成

 

漆工 吉田 徹よしだ とおる
1968年 会津若松生まれ
1987年 家業の漆工房に入る
1993年 長野・木曽の佐藤阡朗氏に師事
1996年 会津若松にて独立
2002年 伝統工芸士認定
2004年 初個展 以降個展グループ展を重ねる

製品仕様

ペン先: 21金・大型
方式: コンバーター・カートリッジ両用式
蓋: 黒檀、筋状成形、漆塗り、箔散
胴: 黒檀、漆塗り、箔散
大先: PMMA樹脂
金属部品: ゴールドIP仕上げ
本体サイズ: φ18.7×151.6mm
本体重量: 31.0g
パッケージ: オリジナル木箱(桐箱)(207×70×91mm)
《クリーニングクロス 1枚、カートリッジインク(ブラック) 2本、万年筆使用説明書 1部、製品説明書 1部、万年筆品質保証書 1部》
商品レビュー
名前を入力して下さい
タイトルを入力して下さい
本文を入力して下さい 本文が短すぎます 本文が長すぎます。4000文字以内で入力して下さい
»
* 必須入力。HTMLタグは削除されます。
レビューを送信していただきありがとうございました。
レビューの送信中に問題が発生しました。しばらく経ってから再度お試しください。
0件のレビュー

RELATED PRODUCTS

関連商品

RECENTLY VIEWED

最近チェックした商品